人一倍努力しているが成果が出ない貴方の能力を引出すコーチ

数々のセミナーを受講し人一倍勉強している自負はあるが、なぜか成果が出ない。そんなアナタに一旗あげさせるマインドマップメンタルコーチ。

奥ゆかしさ と 自己主張

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


保育士時代から 感じていたのですが、


組織の中で 自己主張し過ぎる人が 苦手でした。


もちろん 承認されることで モチベーションも上がるでしょう。


でも 組織全体で仕事をしている という意識も必要な職場だったせいか


「自分だけで 達成した訳じゃないでしょう??」と


自分にも 周囲にも 感じていました。




特に 子どもとの信頼関係では


「子どもが慣れているから…」と


特定の職員とだけ 関わっているということでは


複数担任で 複数の子どもを 保育する上で 支障をきたすので


子どもへの負担となる不安感を取り除きながら


多くの職員とも 良好な関係が築けるように 心を配っていました。


「それが 何で自己主張なの???」と 感じる方もいらっしゃるかも知れませんが


保育士にとって 子どもに好かれるというのは


ある種 本当に誇らしいことなのです。


特に なかなか 慣れなかった子どもが 懐いてくれたりしたら


もう 本当にうれしいのです。



だけどね…


その状態を いつまでも 維持したくなってしまう保育士も いるのです。



そうすると 集団での行動に 支障が出ます。


通常の保育が 成り立たなくなってしますのです。


何せ いつも その職員が 勤務している訳では ありませんからね。


時差勤務もあるし


お休みの日もあります。



いつまでも 自分だけに 懐かせておくというのは


組織 として バランスの欠く 自己主張だと 想っていたのです。





で…


組織から離れて 仕事をするようになった今…


バランスの良い自己主張をしていく必要性を 感じています。




自分の強みを活かしていく ということも必要なのですが


それは 強みであって


他の人を けなすことでも なく


見下すことでも 無いのだと 想うのです。




でも 確実に 主張していくことで


自分の強みが 磨かれていくのだろうと 感じています。




というのもね…



身近な人で いつも


「これは ボランティアみたいな仕事にしか ならないから…」と


呟いている人がいます。



周囲の人が 「こんなことをやってみたら???」


「こんな企画で イケるんじゃない???」


とか 色々とアドバイスをすると


必ず 「でも それだと ボランティアにしかならないから…」というのです。



それ以外の 解釈が出来なくなってしまうくらいに


Win-Win の考えが すっぽ抜けている!!!!!




自己犠牲も 甚だしいというか…


だったら 独立しなきゃ~~~良かったでしょう~~~~~!!!!


と 言いたくなってしまうくらいに 弱気です。




で…


こんな事例を いつものように 自分にも置き換えて


反省してみたりもする(/_;)




自分の強みを バランス良く 自己主張することって


組織にいても


独立しても 大事なことなんだろうなぁ~~~と


感じた1日でした。



さて


あなたの強みは 主張出来ていますか???

矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

謙遜と卑下

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


自分でセミナーを開催していたり…


セミナーのサポートをしていると、


色々な呟きを 耳にします。



それを 自分に置き換えて考えると…



気付きに繋がったり 学びになったり 反省したり…



と 化学反応が起こります。




人と接しているだけで 学べるなんて なんてお得な仕事なんでしょう^^と


嬉しかったり 楽しかったり…です。




さてさて…


あなたは 周囲の人を褒めるときに どんなスケールを持っていますか?


つまり 何を基準に 褒めたり 承認したりしていますか???




一番分かりやすい ものさし は、自分なんじゃないかと 想います。


なので、ついつい


「私は○○なのに…」 という比較の言葉が出てくることもありますよね。


もちろん それ自体は よくあるケースなのかと 想っています。


が、それが 行き過ぎてしまうと…


「私は こんな程度しか 出来ない(やれない)のに…」という


卑下に近い感情を 感じながら 相手のことを認めるという


ちょっと 妙な空気になってきます。



そうすると 認められたはずの相手が


「そんなことないですよ…」と


謙遜をしたり 


却って 卑下した相手を励ましたり 成果を評価したり…と




気持ち良い承認ではなく


自己評価の下げ合いになってしまうことさえ 時に変化していきます。



相手のことを 認めるときには 素直に認められたら 嬉しいような気がします。


その時に 自分も 認めても良いんじゃないかと思います。




気持ち良く 認め合うことで 学び合いのエネルギーは 更に高まっていくのですから…^^


どうせなら 楽しく学んでいった方が 得でしょ???



変化していく途中の自分を 卑下しちゃうのは 本当にもったいない事だと 思うのです。


そのために出来る事としては…


「その言葉 本心から 褒めていますか??」という 問いかけであったり


「自分を 認めているか!??」という 確認であったり


そんなちょっとした 自己確認なんじゃないかと 想うのです。




自分のこと…大切にして下さいね♪
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

もみかえし中

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


週末に 名古屋・京都での 講座を 開催して参りました!


楽しかったです。



ワタシの講座を お申し込み頂く方の 特徴として


自分の人生を 楽しんでいらっしゃる方が 多くのです。


自分の人生を楽しむことで 自然に周囲への 良い影響を 与えていらっしゃる…


そんな方に お集まり頂いております。



嬉しいことです。



さて…


随分 落ち着いてきましたが…


現在 揉み返し中です。



揉み返し… 



そう 急激にほぐしたことで 体が 反応して


筋肉痛のようになる アレ です。



子どもの頃から 肩こりで


振り返ると 首が攣るような そんな子どもらしくない子どもだったのですが、


一時期 繰り返し むち打ちをやった時期がありまして


実は 結構 首が ヤバイのです(爆)



で…


首から 肩にかけて ほぐしてもらいました。



「揉み返しが 出るくらい ほぐして下さい!!!」 と お願いしました。



普通ね そんなに ほぐしてくれないのです。


「却って 具合が悪くなった!」 と 言われるのが オチだから…


でも ちんたらほぐしていても 時間が掛かるだけなので


リクエストしたのです。



本当は もっと 肩にも 揉み返しが欲しかったのですが、


首の方が 反応が出ました!




実はね…


1回目の むち打ちの時に キチンと治療しなかったのが 原因だったのでは???と


想っているのです。


というのも 当時 私は保育士をしていて、


夜間の勉強会に出た帰りに 前方不注意の車に 当てられたのですが…


自宅には 幼い子どもが待っているので


病院もソコソコに 帰宅しました。


で、帰宅したら 寝返りも打てないし…


翌朝目覚めたら 首は回らないし…


でも、出勤しないわけにはいかない!と がんばったのです。



出勤して 園長やら 主任やら 看護婦やらに 事情を話したのですが、


むち打ちの 怖さを知らなかった上に


当時、むち打ちを理由に 病欠を繰り返している職員が 同じ園に 勤務していたこともあって


「大丈夫でしょ???」と 押し切られてしまったのです。


そう 最初に通院した病院の 適当な診断結果と 


「大丈夫」という言わされた 自己申告によって


通常勤務を余儀なくされたのです。




その後 加害者である 運転手との 話し合いでも


通常勤務をしていた!ということが 不利な 結果をもたらすことになり…


今も こうやって 後遺症?に 苦しむことになっているのですが…(-"-)



看護婦さんも


「大丈夫!大丈夫!!! 家の弟も むち打ちやったけど 普通に仕事したわ!」 と


軽~~~~く 言っていましたが、


事故の話し合いで 私が不利になっていく状況を 見ているうちに 思い出したようで…


「そういえば 弟も 通常勤務をしたから 保障が出なかったのよ…」


「あんなに 家で 私が面倒をみたのに、 通院記録にならなかったから…」


って…


ワタシは 家でも 職場でも 看病してくれる人なんて 居ませんけど!!!!!


しかも 事務仕事じゃなくて 保育士ですけど!!!!



まったく 他人の 「大丈夫!」 は 信用ならん!!! と 身をもって 学習した 出来事でした。




当時 区内で 一番定員の多い園に 勤務していたのですが、


不思議なことが 多かったです。


今だったら おかしいです! と 声を上げるのでしょうが


保育士って 自己犠牲 の 精神で やり過ごしてしまうというか


どうにかしてしまうのですよね。


一方で 無駄に自己主張する職員がいたりすると


とばっちりも 大きいです。




でもね…


だから お互いに 思いやりの 精神をもって 仕事が出来た面も ありますし…


学んだことは 多かったと 想っています。




何はともあれ 身体が資本!


御自分の身体 大事にしていますか???
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

マインドマップ親子講座 を 開催しました♪

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


今日は 日食でしたね~~^^


皆さん ご覧になられましたか???


ワタシは…


詳細は省きますが、次回の日食に 期待しています!


↑ つまり 見られなかったっつ~~~ ことです(涙)




さて…


今週末に 名古屋・京都 での 基礎講座 を 控えております。


一昨日は 仙台で 基礎講座でした。


そして…


その前には 親子講座を 開催しておりました。




感想として…


『子どもの目線に合わせて下さっているのが、


子どもが気負いなく過ごせて良かった』



『ジャグリングも楽しかった』



などなど… 頂きました。



親子で一緒に…というのは 実は 案外 難しくって…



大人が 子どもに対して プレッシャーになってしまうことも 想定しておかなければなりません。



子どもが人見知りすることも 当然 ありますし…



大人にも 子どもにも マインドマップのルールを 伝える必要があります。



でも…


「親子で一緒に 考えながら マインドマップを描く」 という 時間を 共有出来るということは


とても かけがえのない時間になっていくのだと 再確認しました。




3時間というのは 講座をやっていると あっという間です。


お子さんも とても集中していました。



一般的にね…


普通の講師だったら 「じゃぁ… もう少し 時間を延長してみようか???」とか


検討していくのだと思うのですが、



ワタシは そんな風に考えません。


だって…


お子さんも 一生懸命 耳を傾けてくれているから…といっても


やっぱり 緊張もするし 日頃と違う考え方を 体験することに 疲れる面もあるのです。



無理をさせたら そのあとのフォローが大変です。



だから…


やっぱり 3時間くらいかな???


そのあと 残って頂いて 続きを楽しめるくらいの コンディションで 終える! というのが 理想です。




次回は 8月6日 を予定しています。


夏休み中です。


夏休みの宿題を マインドマップで 計画を立てたり


読書感想の宿題を マインドマップで考えたり


自由研究のアイディア出しに マインドマップを使ったり…



親子で一緒に楽しんで頂けたら…と 想っています。



どうぞ いらっしゃって下さい。



お子さんの あたまの良さに 気付けたら もっと 子育てが楽しくなりそうでしょ (^_-)-☆
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

そんなことを言っているから いつまでも…

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


昨日 移動していて 見かけた風景が とても 印象的でした。


具体的には 駅の地下街?に 出店している 和菓子屋さんの 店先の1コマです。



上司とみられる男性が


販売員さんである 女性二人に 注意?をしていたのです。




ワタシも一部始終を 見ていた訳では ありません。



が…


「それじゃ~~~~ダメでしょう!!!」 と 思ったのです。



というのはね、上司の叱り方です。



ショーケースの中の 和菓子の陳列について 注意をしていました。



「だらしない! 見ているだけで だらしない!!!!」 と 大きな声で 注意をしているのです。


注意を受けている側は 顔を下に向けています。


話を 真剣に聴こう! というよりも 委縮している雰囲気です。


注意されている内容は 理解しきれていないようです。




「だらしない」という 上司の感覚を 伝えたいと思ったら


「だらしない」の 理由を 噛み砕いて 伝えないと 難しいと思います。



商品と商品の感覚が 等分じゃないから 視覚的なバランスに欠ける とか…


商品の包みの角が 同じ方向に向くように 並べると きれいに見える とか…


賞味期限の印は まっすぐに押すべし とか…


ショーケースの手垢は すぐに拭いて とか…




素人のワタシが 考えても だらしないの理由なんて いくつも思い浮かびます。


それを 「だらしない 見ているだけで だらしない!!!」 という 叱責は


何の意味も なさないと思うのです。




そんな叱り方をしているから 伝わらなくて 何度も同じことを注意しなければならなくなるし…


同じことを 注意するから お互いに嫌気がさすし…


さらに言えば いつまでも クオリティは 低いままだし…


同じ仕事を 繰り返すことで 上司自身の 価値も下げてしまっているのです。




無駄な時間と お金を 浪費して お互いに不快になるために 顔を合わせているようなものです。




これ…


どこかの 誰かの どうしようもない ケースという訳ではありません。




小さな会社の ワンマンな社長さんにも お見受けするケースです。


叱り慣れてしまっていて 内容が伴わないのです。




自分の価値基準が 優先されていても 構わないと思うのです。


自分の価値基準が 伝わっていれば…!




伝わらないから 改善されないのです。





自分の 思考パターンが全て…だなんて 勘違いしていませんか???



勘違いしているかも…と不安な方は コーチングを どうぞ^^
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

突き抜けるような感覚

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


WebSiteのリニューアルの作業に 没頭していた時もそうなのですが…


時々 突き抜けるような感覚で 集中出来ることがあります。



元々 あっちこっちに 気がまわる…というか 散漫な性格なのです。


そして ソコソコに器用?なので…


程々の 仕事だったら それほど 集中しなくても 何とかなります。



っていうか それほどの 仕事を していない っつ~ 現状なのですが…(爆)





ここのところ 次男が 試験休み??? で 在宅です。


テレビや ゲームの音が 一日中絶えません。



ワタシは 聴覚からの刺激が 内部対話に結びつきやすいので、



音が流れていると それを 反芻してしまいます。



音楽を聴いていても それを 繰り返してしまうので 集中出来ません。



仕事をしたいのに なかなか集中しきれない状況に フラストレーションが堪っていたのでしょう^^



次男が出掛けた ちょっとした隙に 集中モードへのスイッチが入ったようです。




一気に 作業がはかどりました!!!




どうやら ある程度の葛藤を乗り越えた先に



突き抜けるような集中モードがあるようです。






最初に体験するのは 葛藤なので…


「もうっ!!! 何でサッサと出来ないんだ!!!!」 とか


「コレじゃないってばぁ~~~~!!!」 とか


「何か違うぅぅぅ~~~~~~~」 とか


「あぁぁ~~~~~~~」 とか


悶々とした 時間を過ごさねばなりません。




「ワタシには 出来ないんじゃないの???」 とか


「難しすぎるぅ~~~~」 とか


「無理っぽい!」 とか



セルフイメージも 下がりまくりです。




おまけに 話し相手もいなかったりすると…


もう 葛藤の渦が 私の体感覚 を えぐってきます。



弱気の虫が ニョロニョロと ワタシの皮膚を 這いまわるような 感覚です。




「えぇ~~~~ん… メソメソ…」 と 甘え虫まで 顔を出します。



かといって いつも ワタシの周囲の人を ワタシの思いのままに振り回すことも出来ず…



折り合いをつける必要があるのです (/_;)




そういえば 保育士をしている時には


事務仕事の時間 って なかなか確保出来ないのです。


午前中も 午後も 子どもと過ごしています。


お昼休みは 日誌と連絡帳という 毎日の仕事です。


打ち合わせや会議が入ると 日誌にさく時間が確保できないので、


夕方に 回すことになります。


かといって 夕方は 時差勤務だと 事務仕事の時間はありません。


週に2~3回の 時差勤務があると 夕方の事務仕事の時間は 限られるのです。


週に2~3回が 夕方の事務仕事が出来る時間です。


そのうち 1~2回は 昼間の時間に出来なかった 日誌・ノート を 書く時間になります。


そうすると 純粋に事務の時間が取れるのは 週に1回あるかどうか…



事務の時間といっても 引き継ぎがあったり 保護者への対応があると、


30分程度ある予定の時間も 15分から20分 確保できるかどうか…です。




そうすると その時間に 爆発したように 事務を していたのです。




そういった点では、


今は 時間の自由がききますが、考えるべき内容は 格段に 増えていて…


「時間が足りな~~~~~い!!!」 という悩みから 


「アイディアがぁ~~~~~!!!」 という 行き詰まり感に シフトしているのですね^^





いずれにしろ 葛藤を通過すると


突き抜けるような 集中モードに 到達できる!ということのようです。



そして この 突き抜けるような 集中モードは 本当に 楽しいのです。



事前に蒔いておいた種から 芽が 一気に吹きだすような…


そんな感覚なのです。





追い込まれると…とか


ギリギリにならないと…という 切羽詰まった感覚に似ているのでしょうが


もっと どこかと繋がったような 感覚なんじゃないかと思います。




自分の 思考パターンや 得意な感覚を 把握しておくだけで、


セルフコントロールが 可能になります^^






どうやって 集中モードに 切り替えていますか???
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

精密機械? の 検査入院…

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


関東地方も 梅雨明けです。


もう 暑くて 敵いません。


寒さも 苦手で 暑さも 苦手 なんです!


クーラーの冷気も 苦手で…



わがままなんです(爆)



さて…


先日来 入院しておりました ワタシの愛用の プロジェクターですが…


大事な部品 を 交換しなければならないらしく…


修理金額の見積もりが 出ました。



76230円で~~~~~~す!!!!



もう 新しいプロジェクターが 購入出来なくもない 金額!!!



ある程度予想していたのですが…



びっくり です!



本当に 新しいプロジェクターを 購入しようかと 悩んでしまいそうです。




今は ビジネスパートナーから プロジェクターを借りています。


今までは ビジネスパートナーに プロジェクターを貸していたので…


その返礼? みたいなものなのですが…


どうも ワタシの性格から 借りているのは 心地よくないのです。



ほら 行動がガサツなので…  壊したらどうしようかと…(^_^;)



とりあえず この夏は お借りしているプロジェクターで 全国を巡る予定です。


でもねぇ~~~


やっぱり マイ プロジェクターは 欲しい!!!




2000lmくらいの明るさの 小型で 軽量の プロジェクターが



安価で 手に入る方法があったら お知らせください!!!



譲って下さるとか…???



オークションとか 狙ってみようかしら???



掘り出し物に 出逢えるかも^^
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

お誕生日なので…

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希です。


お誕生日なので SNS や メール で お祝いのメッセージを 頂いています^^


ありがとうございます。




家族(と いっても 現在同居しているのは 反抗期真っ最中の次男だけですが…)は、


お誕生日のことなど すっかり忘れている様子ですので、


お友達と お食事に出掛ける予定にしています。





お誕生日が もうすぐだなぁ~~~^^と 想っていた 数日前…


思い出したのは  人生で初の  花束を 送ってもらった10代のお誕生日のことでした。


赤いバラの花束でした。


かすみ草もいっぱい入れて…



帰宅したら 私の部屋の 中央に デン!!! と 花瓶に 活けられていました。



サークルの先輩から…だったのですが、


笑っちゃうのは 母の一言でした。



「東京は お盆で 花が高いのに…」



はい???だから??? そんな気分で スルーしてしまいました。




当時 私は その先輩と同じサークルの 部長さんと お付き合いしていたので…


同じサークルの 先輩から…というのは、見事なサプライズだったのですが、


そんな華やいだ気分を 一瞬だけ 冷めさせちゃうような 一言でした。




今にして思えば 「お礼をしなくちゃ!」とか


娘の公友関係が 心配とか…


父の逆ギレへの対応をしなくちゃ…とか



色々あるのでしょうが、



年ごろの ワタシにとっては 「素直に喜んで 何か 問題でも???」 という気分でした^^



たぶん 今も…同じような 心境なのだと思います。



プレゼントのやりとりをしても 



言葉のやりとりをしても



「素直に受け取れば良いのに…」と 感じるのです。




もちろん 相手からの メッセージが 表面的だなぁ~~~と 想うこともありますが、


それでも 褒めて頂いたリ 認めて頂いている時には


「ありがとう♪」と 受け取ることにしています。




素直に受け取った 喜び や 感激 は きっと 循環していくのだろうなぁ~~~☆ と



想うのです^^



お誕生日は 両親への感謝を…とか 色々な考え方があるだろうと思うのですが、


ワタシのお誕生日は ワタシが この世界に 飛びだしてきた日なのですから…


やっぱり ワタシに おめでとう!!! なのだと 想います☆




欲張り…なんでしょうねぇ~~~ヽ(^。^)ノ
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

嫌な事は細分化する

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


ここのところ 講座のパワーポイント作りをしています。



パワーポイントを作るのも 苦手だったのですが、


最近は、なんとか かんとか 自力で やれるようになりました。




苦手だった当初から 救いだったのは 文字入力だけは 出来たこと^^


ワープロも 触ったことの無かったワタシにとっては 


文字入力も四苦八苦だったのですが、


大学の1年の夏休みの レポートを 手書きでやっていたら


ケンショウ炎になってしまいました。



元々 なりやすい体質だったのですが、


いくつものレポートを 手書きで…というのは さすがに 負担だったらしく


そのあとに 必死になって 練習しました。



ちなみに…


大学生になってというのは 2003年のことです!



当時 職場でも ワープロくらいは あったのですが、


20人以上の職場で ワープロは1台!


それだったら 得意な人に譲って、ワタシは手書きで お便りを書いた方が


早いし 味があるし…と、すっかり アナログ化していたのです。





さてさて…



今日は 嫌なことがあった時の話です。


反抗期の次男に 逆ギレされたり…と ストレスフルな毎日なので、


今は この思考に 助けられています。




嫌なことがあったら…


「何が嫌なのか???」を 深掘りしていきます。


そうすると アレコレ注文をするのではなく ピンポイントで リクエスト出来ます。


嫌なことがあると それから あれこれ広がって


あっちも嫌 こっちも嫌 最後には 存在自体が嫌という風になっていく


恋愛を経験した人も 少なくないと思うのですが(汗)



もし 嫌な部分の核心が 突き止められたら 無駄な喧嘩や


余計な一言を 言わずに済んだかも…と 思い当たりませんか???


そして 相手のことを 毛嫌いすることも 無かったかも…^^




これは、どうやって 細分化するかというと…


自問自答していくのも 良いのですが、あまりブツブツ言っていると


妙なので (振り向かれたりしてね…)


マインドマップがお勧めです。



もっと言ってしまうと マインドマップで 細分化していくことに慣れたら


頭の中で 細分化出来るようになっていきますよ!




現在 家族の中で 起きているストレスの原因は


片付けです。


片付けといっても モノが散らかっていることから 


埃が 溜まっていること


異臭がすること など 色々あります。


この辺は 「片付け」だとか「散らかっている」だとか「きれい」をセントラルイメージにして


ミニマインドマップを描くと どんな状態を望んでいるのか


逆に どんな状態を 避けたいと考えているのか が 判明すると思います。




その中で どうにも我慢できないことは 何か???と


自分の感情に焦点を当てていきます。


おそらく 上記の ミニマインドマップを描くことで 優先順位は 出てくるだろうと思います。



そしたら 次には 次男の分析です。


何をしたら 動くか?


何を言ったら やるのか?


どのタイミングなら 納得するのか??? と


これも 慣れないうちは 過去の成功例 失敗例を 思い出して


ミニマインドマップにしていくのも 良いでしょう。



そうすると 少なくとも 2枚のマインドマップが 出来るので


その妥協点に 気付きやすくなると思います。


妥協点が 見つけにくい場合には 並べて見比べて


こっちのAパターンと あっちの Cパターンで 組み合わせて対応すると


どういう風になるかな??と


シュミレーションしていくのも 良いかと思います。





ちなみに ワタシの場合は 「異臭」は NGです。


我が家は ポメちゃんがいるので ちょっと怠けると 異臭?がします。



逆にOKなのは モノの散らかりです。


それは 一緒くたに 集めて 次男の部屋に放りこんでしまえば


ワタシの眼には入らなくなりますから…




埃は あるのは嫌だけど 掃除は 好きじゃないので


自動掃除機に 頼っています。




次男の性格は ここで暴露しても 色々あるかと思うので


控えます^^



なので、臭い系の 片付けは 根気よく要求します。



早めに 言います。


適当にやった場合は 次回の時に さりげなく知らせます。


やった直後に ダメだしをされるのが 次男は 激しくNG です。





実は 日頃 頭の中で マインドマップ的に思考することに慣れてしまっていて


最初のころに 「お~~~便利!!!」と 想っていた感覚が


鈍ってきていたのですが、


生活パターンが変化したことで 想いだせるようになりました。



良いことなのでしょう^^





反抗期のお子さんを叱るときにも この方法は便利かも知れませんが、


ワタシが一番お勧めするのは 御夫婦で 利用されること…です。



ワタシもねぇ~~~


嫌なことが 眼につきはじめると アレコレと 拡大していっていたので…


言う方も 言われる方も 大変だったよねぇ~~~と


今さらながら 回想しています(爆)





その喧嘩 止められますよ!


マインドマップさえ 知っていれば…と


啓蒙ポスターでも 作りたい気分になってきました(^_-)-☆
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

質問に答える

NLPコーチ で マインドマップインストラクター の 矢嶋美由希 です。


先日 「コミュニケーションコンサルタント」という 肩書きも 閃いたので、


ちょっと ワクワクしています^^


ただ それだけ… です(爆)




さて…


先日、マッサージに行ってきました。


そこで オプションで アロマオイルも 選べる!というので


お願いしてみました。


オイルの種類が 7~8種類あったのですが、


「どれが良いですか?」と 尋ねられました。


今 気付いたのですが、最初の質問から ちょっと違和感が ありますねぇ。


説明せずに 「どれ?」と言われても 選べないですからねぇ~~~(-"-)




ワタシは 「何があるんですか?」と オイルの名前だとか 効能を答えてもらうことを期待して


質問で答えました。



そうしたらですね…


「これが ローズと ぜラニュームで お勧めです。」


「皆さん よく これを選ばれます。」


「これにしましょうか?」 と…



すっかり 誘導しているのです。



「あの~~…何がありますか?って質問したので、 何があるのかを 教えて貰っても良いですか??」 と 再度 質問してしまいました。



そうしたら やっと 理解して貰えたのか



オイルの名前と 「○○系の香りです」 と 説明してくれました。


オイルとオイルを混ぜることも 可能だというので、


「じゃ ***と◎◎◎ を 混ぜて下さい」 とお願いしたのですが、


直後に ←ココ ポイントだと思います。



「アロマオイルに詳しいんですか?」と


質問をされました。


更に 「資格か何か お持ちなんですか???」 と…


「いえ 詳しくもないし 資格も持ってないです」 と答えたものの…


どうも 違和感がありました。



違和感の原因は


それまでの対応も含めて だったのですが…


ワタシが 「△▽△ って言われていますよね」 と、やりとりの中で 答えた時に


「△▽△ だと 思われますか?」 と 疑問を投げかけるような コメントを 貰ったことに 起因しているのです。




「△▽△ っていう考え方もありますが、●●● っていう 考え方もあるのを ご存知ですか?」とか


意見の肯定のあとに 自説を展開されるのであれば 違和感は無いのですが、


質問だけされて それ以外の説に関しては コメントされないと


コミュニケーションが 一方的に遮断された気分になります。




アロマオイルも 「どれ?」と 質問しつつも 選んでくる方が少ないのでしょうね。


ついつい 自己完結したかのように 選んだのでしょうね。




こんなことを 書いているのは…


「もしかして 自分は ちゃんと質問に こたえられて いるのだろうか???」という


セルフチェックの必要性を 感じているから…です。




自分では そんなつもりは 無いけど…


質問の意図が ちゃんと理解出来なくて…


など、聞くことも 伝えることも 難しいなぁ~~~と 想うのです。




「お答えに なっていますか?」と 確認をしたとしても


相手の方が 「はい」と 答えられたら それまで ですからねぇ~~~…




質問に答える ということは 本当に難しいのだと 思ったのです。


質問をしてきた 背景・理由など 考慮して 


一般的な答えと 個別に対応した答えを バランス良く お伝えできたら…と 考えています。



質問をする側が 安心して 質問出来るような 表情と 雰囲気を 醸し出せたら…


そうしたら コミュニケーションは 双方向になっていくのでしょうね^^



進歩していきましょう☆
矢嶋美由希に関するお申込・お問合せはこちらからどうぞ!
お申込・お問合せ
お気軽にメールください
上記をクリックしてもメールの作成画面が自動で開かない方は
まことにお手数ですが、手動でメールいただけますとさいわいです。

info@mindmap-coaching.jp

 | 最新の日記へ | 

Top Page トップページ
Introduction ごあいさつ
Schedule セミナー開催日程
Entry Form お申込フォーム
矢嶋美由希に学ぶ Mind Map® マインドマップ®
矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®子ども講座子ども講座

矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®マスター講座(旧基礎講座)マスター講座
    (旧基礎講座)


矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®子育て講座パパ講座

★資格取得講座★
矢嶋美由希に学ぶマインドマップ®アドバイザー講座アドバイザー講座

delivery 出張講座のご案内
矢嶋美由希に受ける Coaching コーチング
Voice 体験者の声
Request 講演・取材・執筆のご依頼
Diary 矢嶋美由希の日記
Link リンク
Press メディア掲載情報
Contact お問い合せ

Calendar

« | 2009-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Monthly

Mail

名前:

メール:

件名:

本文:

Appendix

矢嶋美由希

矢嶋美由希

マインドマップとコーチングを取り入れたコミュニケーションで、矢嶋美由希はあなたの魅力・能力を高めていきます

矢嶋美由希についてもっと知りたい方は こちら



FC2Ad